No.1727 C.P.A.ゼミ デーリィマンのご馳走 〜多様なアジアの乳文化〜第3回(東京)

No.1727 C.P.A.ゼミ デーリィマンのご馳走 〜多様なアジアの乳文化〜第3回(東京)

〜講師より〜
ふだん私たちが接している乳文化は主にヨーロッパ由来のものです。実はアジア大陸には、牧畜民に育まれた豊かな乳文化が多様に広がっています。この講座では、私たちがほとんど接することのない珍しい牧畜民の乳製品や乳加工を紹介していきます。対象とする地域は、西アジア、北アジア、南アジア、チベット高原、東南アジア、そして、日本です。『デーリィマンのご馳走』を教材にし、その内容に沿って講座を進めます。
この講座では、多様なアジアの乳文化を概説すると共に、そのような珍しい乳文化は日本に導入可能なのか、乳製品に如何に情報をつけるか、地域の乳製品を地域でどのように消費するかについても共に考えます。
* 今ゼミは今年度中に全7〜8回を予定しています。講師の上京にあわせて開催されるため、 第4回以降の日程は未定ですが、継続して出席する意欲のある方のご参加をお待ちしています。
◎次回以降に予定されているテーマ
東南アジア・東アジア(日本)/日本における乳文化のあり方/チベット高原の乳文化/ ヨーロッパの乳文化

今ゼミは今年度中に全7〜8回を予定しています。講師の上京にあわせて開催されるため、 第4回以降の日程は未定ですが、継続して出席する意欲のある方のご参加をお待ちしています。

◎次回以降に予定されているテーマ
東南アジア・東アジア(日本)/日本における乳文化のあり方/チベット高原の乳文化/ ヨーロッパの乳文化

第3回 南アジアの乳文化(続き)、北アジアの乳文化

日時:8月1日 [火] 19:00 ~ 21:00 受付18:30より
場所:チーズプロフェッショナル協会 本部セミナールーム 千代田区内神田1-18-1イワカタビル3F
講師:平田 昌弘氏(帯広畜産大学 准教授)
1993〜96年にはシリアにある国際乾燥地農業研究センターに準研究員として派遣され、植生調査と牧畜研究に従事。ミルクの魅力に出会う。以後一貫して牧畜と乳文化を追い求め、ユーラシア大陸各地をフィールド調査。現在、ミルクの新たな価値の創造と日本における乳文化の発展を目指す「ミルク一万年の会」特別顧問。主な著書は「ユーラシア乳文化論」、「人とミルクの1万年」(どちらも岩波書店)。
内容:
① 南アジアの乳文化 / 北アジアの乳文化 の講義
② 受講者とのディスカッション
参加費:2,000円 ※会員・非会員の区別はありません。
定員:20名(先着順受付)
条件:
① 「デーリィマンのご馳走」(1,800円+税、デーリィマン社)および 「人とミルクの1万年(880円+税、岩波ジュニア新書)を教材として使用します。開講前に各自書店などでご購入し、当日ご持参ください。
② 積極的にディスカッションにご参加いただける方を募集します。
特記事項:このセミナーは賛助会およびコムラード特典をご利用いただけません。

1. 協会ホームページから申し込む場合

該当する受講料を下記銀行口座へ【お申込み者ご本人】のお名前でお振込みください。

該当する受講料を下記銀行口座へ【お申込み者ご本人】のお名前でお振込みください。

振込先:  三菱東京UFJ銀行 室町支店  普通 4638870
トクヒ)チーズプロフェッショナル協会

満席となりました

関連記事

カテゴリー

C.P.A.会員コンテンツ - Member Login
2017年基本講習会のご案内
チーズプロフェッショナル教本
チーズを科学する
おいしさ認定マーク制度が始まりました!
チーズカッティング動画
C.P.A.通信62号より『チーズの健康パワー』
チーズ検定
新日本スーパーマーケット協会
(一社)日本ソムリエ協会 ワイン検定
アペリティフの日
チーズフェスタ
Cordon Bleu
フードアクションニッポン
ページ上部へ戻る